わたしにとってマージャンはかけがえのないものだ。学徒の間に覚えたのは妻タバコマージャンくらいしか薄い。

自分にとってマージャンはかけがえのないものだ。学生の間に覚えたのは女房タバコマージャンくらいしか乏しい。せっかく苦労して都内のユニバーシティに活かせてもらったのに親不孝も甚だしいというものである。こういうマージャンだが学生のあたりは親指の皮が向けるぐらい打った。役満も10回限り上がっていて、九蓮お宝燈だって挙がったことがある。だが手はそんなにひどい。なぜならあまり賢くなりたいと思って売っていなかた。嫌々打たされているという意欲が心のどこかにあった。なぜならば他にやることがないから。そう自分に弁解していた。もちろんこうしたスピリットで賢くのぼるわけがない。そこにいまようやく気付き、上達することを念頭において打った。そうしたら私大に上手くなっていう。最も気を付けることは二つ。まずは内的の収拾です。焦って放銃やる人物は何をしたって上手くはならない。そしてもう一つは放銃控える、泣きを考えて打つ、こういう二つです。そうすれば開設程度のキャパシティならまずコケることはない。マシュマロヴィーナスの公式サイトはこちらから